美容師さんが勧める髪のお手入れ方法


正しいヘアケアとは?


サロンでヘアケアをしてもらうと、髪はサラサラ艶々になります。丁寧に髪を扱ってくださいますし、良いシャンプーやトリートメントを使ってもらえます。でも、ヘアケアの為にサロンに毎日通うことは現実的にありえません。基本的に、自分の髪は自分でケアするのが普通でしょう。では、正しいヘアケアってあるのでしょうか?

 

美容師さん曰く、「髪は個人個人で違うので、それに見合ったケアをすることでそれが正しいヘアケアとなる」、とのこと。万人共通のヘアケアというのは正確に言えばないのですが、基本的なお手入れ方法はあります。それと共に、自分の髪にあったケアを施せば、健康な髪を維持しやすいってことですね。

毎日のお手入れ方法


4つの基本的なお手入れ方法です。

  1. タオルで髪を拭くときは、水分を優しくふき取る
  2. 髪に熱を当てながらの長時間のドライヤーは行わない
  3. 過剰なブラッシングをしない
  4. 濡れたままの髪を放置しない

 

1、濡れた状態の髪は、髪の内部に水分を多く含みキューティクルが開いています。つまり浮いた状態であり、さらに柔らかくなっています。その状態の時に髪をゴシゴシとすると、、、簡単に想像できますね。キューティクルがめくれていくのです。乾かしたときにはキューティクルはボロボロで、その後、ドライヤー等で髪に熱を与えすぎると、さらにめくれていきます。もしかしたら剥がれ落ちているかもしれません。髪を拭くときは優しく髪を抑えるようにすると良いです。


2、優しく水分を取ったらドライヤーです。でも長時間のドライヤーはやめましょう。髪は乾ききった途端に、急に温度が上がります。その際、キューティクルがめくれ上がり剥がれやすくなります。上手な乾かし方は、後ほど記述します。

 

3、髪を乾かした後にブラッシングを行いますが、過剰なブラッシングはやめましょう。ブラッシングに限らずですが、出来るだけ外的刺激を減らしましょう。摩擦や熱でキューティクルを痛めることになるかもしれません。

 

4、また、乾かすのが面倒だからと言って、濡れた髪のまま就寝するのは避けた方がよいです。前述したように、濡れた髪の状態はキューティクルが開いている状態です。その状態のまま長時間放置していると、髪の中にある養分が抜けていく原因となります。

ドライヤーを使った上手な乾かし方


上手な乾かし方の一つの方法として、美容師さんに教えてもらった手順です。特に難しいことではありません。いつもそうしてるよ!って方も多いかもしれませんね。でも一応ご紹介。

 

  1. 根元から乾かします。風は頭頂部の方から当て、手ぐしを入れながら乾かす
  2. ドライヤーを頭部から10~20 cm離して、熱が一カ所に集中しないように左右に細かく振りながら乾かす
  3. 80~90%ほど髪が乾いたら、冷風を当て乾かす

 

以上です。

 

温風で乾かすときはキューティクルの流れに沿って乾かす、つまり根元から乾かすのがコツだそうです。これをすることにより髪に艶が出やすくなるようです。冷風を最後に当てることでさらに艶を出すことが出来るそうです。完全に乾くまで熱風を当て続けていると、キューティクルがめくれてきますので気を付けてください。

 


 

これらのケアをしたからって、劇的にすぐ何かが変わるわけではありません。続けていくことで、将来的に「やってて良かった」となるものだと思います。最初は面倒だなと思っても、ちょっとの間頑張って続けてみて、これらを習慣にしてしまえば気になることもないかもしれませんね。