毛髪について


毛髪の構造


一本の毛には、その部位によって名称がつけられています。皮膚表面に出ている部分を毛幹、皮膚の内部にある部分を毛根と呼びます。毛根の下端のふくらんでいる部分を毛球と呼び、毛球中心にはほぼ球状の凹みがあります。そこの下部から真皮が入り、毛の栄養をつかさどる血管や神経がある部分を毛乳頭と呼びます。毛乳頭に接する所を、毛母と呼び、細胞の分裂繁殖が盛んで新しい毛の細胞がつくられています。また、この部分には、毛に色を付けるメラニンをつくる多数の色素細胞があります。

 

私たちが髪の毛と呼んでいる「毛幹部」は治癒能力を持っていないので、一度破損すると、元には戻りません。

毛髪の構造