薬機法について


「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」 簡単にまとめると。。。


医薬品配合されている有効成分の効果が認められており、病気の治療や予防に使われる薬

 

医薬部外品効果・効能が認められた成分は配合されているが、それは積極的に病気やケガなどを治すものではなく、予防に重点を置かれた製品。表示指定成分として、アレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性のある成分名だけは表示が義務づけられているが、それ以外は表示しなくてもよい。 (新指定/新範囲医薬部外品など一部を除き、2006年4月より、日本化粧品工業連合会など医薬部外品関係団体の定めた自主基準に基づき、配合されている全ての成分について、その名称を製品の外箱等に表示することになりました)

 

化粧品各メーカーがその責任において自由に化粧品を作って良いかわりに、使った成分はすべて表示している製品。各メーカーの責任で自由に作って良いと言っても、なんでも配合して良いというわけではなく、配合禁止成分、配合可能成分が指定され、安全性は十分に重視されている。

 

このような感じです。

 

ヘナ製品は元々「雑貨」(日常生活に必要なこまごました品物)として扱われていました。つまり、配合成分に規制などなかったために、ジアミン(パラフェ二レンジアミン)、パラアミノフェノール、ピクラミン酸ナトリウム、金属塩など、皮膚に炎症やかぶれが起こる可能性が高い成分が普通に使われていました。これは染色力の高さを求めた結果です。しかし、2001年(平成13年)4月より配合成分に厳しい規制が設けられ、「化粧品」として扱われる製品となりました。人の髪の毛や頭皮に直接使う製品として化粧品登録されたことは、消費者にとってとても安心出来ることです。よって、現在販売されているヘナ製品に上記のような頭皮に炎症を起こす可能性のある成分が入っている製品は「雑貨」、入っていない製品は「化粧品」として登録されています。